コラムTanuma Animal Hospital

コラム

犬や猫の食事について

私たちも、毎回の食事が楽しみであるように、わんちゃんやねこちゃんにとっても食事というのは毎回楽しみなものです。毎日のことだからこそ、よりおいしく、より体にいいものを食べさせてあげたいと思っているかたも多いと思います。そこで今回は犬や猫の食事についてお話したいと思います。

 

フードの選び方

 

フードは与える目的や形状になどよって様々な種類があります。
その中で、目的と形状は選ぶ上で皆さんも特にポイントとする部分だと思います。

 

「目的の分類」

 

総合栄養食:
犬や猫が必要としている栄養素をすべて含んだフードで、新鮮な水と一緒に与えることで健康が維持できるもの。

 

療法食:
栄養成分の量を調節することで、特定の疾病に対して与えることを目的としたもの。

 

間食(おやつやスナック):
ジャーキータイプや、ササミ、砂肝、歯ブラシ型のガム、ビスケットタイプなど。与えすぎるとカロリーが過多になって肥満につながることもある。

 

「タイプ別の分類」

 

ドライタイプ:
水分含量が10%程度、またはそれ以下で、重量あたりの栄養価が高く、長期保存に適しています。

 

ウェットタイプ:
水分含量が75%程度、風味がよく食べやすい為好んで食べる傾向があります。開封後は品質の変化が速いので注意が必要。

 

セミモイスト、ソフトドライタイプ:
セミモイストタイプは水分含量が25~35%程度、ソフトドライタイプは水分含量が10~30%程度。

 

その他にも、フードを選ぶときのポイントとなるものは
・性別
・年齢別
などがありますので、ペットショップやホームセンターなどに行って、その子にあった食事を見つけるのも楽しいかもしれませんね☆

 

また、フードには必ず原材料(そのフードに何が使われているのか)の記載があります。
ペットフードにどんなものが使われているのかというのも、フードを選ぶときの参考にしていただければと思います。

 

与える量について

 

多くのフードにはカロリー表示とともに与える量の目安が示されています。
しかし、同じ量を食べても太る人と太らない人がいるように、わんちゃんやねこちゃんも個体によって必要なカロリー量が違う場合があります。ですので、目安だけに頼らず、散歩等の運動量、体調などをよく観察して与える量を調節するとその子に合った量を見つけることが出来ます。

 

欲の秋だからといって与えすぎにはくれぐれも注意してくださいね。
人と一緒でわんちゃんねこちゃんのダイエットは一苦労なので、体型には気をつけてご飯を楽しみましょう!


当院の手術実績一覧

診療案内・各種サービス / service

  • ペット検診
  • 歯科診療
  • ワクチン接種
  • 小型犬・猫の橈尺骨骨折
  • ペットホテル
  • トリミング(grooming garden)
  • 鳥の診療
  • 犬の病気・猫の病気大辞典

コンテンツ / contents

  • スタッフコラム
  • グッズ・商品紹介
  • トリミング掲示板
  • パピー教室
  • T-POINTが貯まります。
  • 求人情報