歯科診療Tanuma Animal Hospital

 

当院の歯科治療の特徴

01.パピー時からのデンタルケアのすすめ

パピー教室時の歯みがき指導
(診察時もご希望の方はおっしゃって下さい)

02.定期的な歯科検診のすすめ

幼犬

・ワクチン時歯科検診

・歯ブラシの慣れ方、嫌がらずに口周りを触らすか

・乳歯遺残の確認-小型犬に多い。
歯の交換時期(4~7か月齢)
乳歯の歯式313/313(合計28本)
永久歯の歯式3142/3143(合計42本)
生え変わる順番:切歯(下→上)犬歯(下→上)臼歯(下→上)
乳歯遺残による不正咬合

・不正咬合がないかの確認-クラスⅠ不正咬合(中性咬合)
クラスⅡ不正咬合(オーバーショット、アンダーショット)

若・中齢犬

・歯石、歯垢のチェック

・破折の有無

・磨耗の有無

高齢犬

・歯石、歯垢のチェック
歯周病が見た目より重症な事が多い

幼猫

・ワクチン時歯科検診

・歯肉炎、口内炎の有無

・不正咬合の確認

若・中齢猫

・犬歯の破折

・歯肉炎、口内炎の有無

・吸収病巣の有無(破歯細胞性吸収病巣)

高齢猫

・吸収病巣

・根尖膿瘍

03.口腔内レントゲンを使った精査

04.歯石除去(スケーリング)と歯周の治療

05.抜歯

06.歯内治療

07.歯科矯正

歯科診療の一般的な流れ

例.ウサギの前歯過長

01.

ウサギの前歯過長はまれに認められる事があります。

02.

当院では歯科ユニットに付属しているダイヤモンドバーで切削いたします。
ペンチやニッパーでの切断は歯髄に感染を起こしますので、絶対に行わないでください。

03.

下の歯を切削しています。無麻酔での処置も可能ですが、
鎮静剤を使う場合もございます。

04.

次に上の歯を切削します。

05.

適正な歯の長さとなりましたが、ウサギの歯は常生歯のため
定期的な切削が必要になることが多いです。

例.犬の歯科診療

  • 01.

    処置前

  • 02.

    口腔内の消毒、口腔内診査

  • 03.

    歯石除去

  • 04.

    歯周ポケット掻爬

  • 05.

    研磨(ポリッシング)

  • 06.

    口腔内の診査

  • 07.

    歯周ポケットへの薬剤の注入

  • 08.

    出来上がり

歯磨きの手順

症例

  • dentistry_img23
  • dentistry_img23
  • dentistry_img23
  • dentistry_img23
  • dentistry_img23
  • dentistry_img23

当院の手術実績一覧

診療案内・各種サービス / service

  • ペット検診
  • 歯科診療
  • ワクチン接種
  • 小型犬・猫の橈尺骨骨折
  • ペットホテル
  • トリミング(grooming garden)
  • 鳥の診療
  • 犬の病気・猫の病気大辞典

コンテンツ / contents

  • スタッフコラム
  • グッズ・商品紹介
  • トリミング掲示板
  • パピー教室
  • T-POINTが貯まります。
  • 求人情報