ペット検診Tanuma Animal Hospital

ペット検診について

当院では“ペット検診”を実施しております。
ペットは言葉を話すことができません。
検診によって早期に異常を発見してあげることが重要です。 ペットの健康状態を確認してみませんか?

検診コースのご案内

Aコース 5,000円

*血球検査: 赤血球数、PCV、白血球数、赤血球容積、血色素濃度、血小板数、ヘモグロビン
*血清生化学検: 尿素窒素/腎臓の機能を調べます
GPT/胆肝系を調べます
血糖値/糖尿病などホルモン異常を調べます
コレステロール/肝臓、すい臓などを調べます
総ビリルビン/胆肝系、溶血などを調べます
ALP/胆肝系、ホルモン異常、腫瘍などを調べます
アルブミン/肝臓の合成能を調べます
総蛋白量/栄養状態を調べ、肝臓、腎臓機能も調べます

Bコース 15,000円(お預かりコース)

*Aコースの内容
*画像診断: 胸部レントゲン/胸腹部の骨格、その他の異常を調べます
腹部超音波検査/腹部臓器の異常をより詳しく調べます
*尿検査: 出血、タンパク、ケトン、尿糖、PH、比重、沈殿物

Cコース 20,000円(お預かりコース)

*A、Bコースの内容
*血液精密検査: クレアチニン/腎臓の機能を調べます
カルシウム/腎臓、骨、代謝を調べます
電解質/ナトリウム、カリウム、クロールを調べます
*心電図検査: 心臓の収縮、拡張が正常に行われているか、血流の流れが円滑に行われているか、
心筋に異常がないかなどを調べます

シニア検診について

シニア検診 12,000円(お預かりコース)

ワンちゃんは7歳を過ぎると高齢期となり、元気そうに見えていても代謝や様々な器官に衰えがみられます。 半年に1回くらいのペースで検診を受けることで、様々な病気の早期発見に繋がります。
ワンちゃん達に、より健康に高齢期を過ごしてもらう為に、シニア検診を受けてみませんか?

*Aコースの内容
*画像診断: 胸部レントゲン/胸腹部の骨格、その他の異常を調べます
腹部超音波検査/腹部臓器の異常をより詳しく調べます
*便検査: 腸内細菌のバランス、寄生虫がいないかどうかを調べます
(下痢等の、便に異常がみられた場合のみ行います)

ネコ検診について

ネコ検診 5,000円

ネコちゃんに多い下部尿路疾患の早期発見の為にエコー検査を検診内容に設けております。

*血球検査: 赤血球数、PCV、白血球数、赤血球容積、血色素濃度、血小板数、ヘモグロビン
*血清生化学検: 尿素窒素/腎臓の機能を調べます
GPT/胆肝系を調べます
血糖値/糖尿病などホルモン異常を調べます
コレステロール/肝臓、すい臓などを調べます
総ビリルビン/胆肝系、溶血などを調べます
ALP/胆肝系、ホルモン異常、腫瘍などを調べます
アルブミン/肝臓の合成能を調べます
総蛋白量/栄養状態を調べ、肝臓、腎臓機能も調べます
*超音波検査:
(膀胱)
エコーにより膀胱の状態を確認します
*便検査: 腸内細菌のバランス、寄生虫がいないかどうかを調べます
(下痢等の、便に異常がみられた場合のみ行います)

オプション検査について

オプション検査

*アレルギー検査 20,000円 92項目のアレルゲンを調べます
*甲状腺ホルモン検査 3,000円 甲状腺の機能を調べます
*副腎皮質ホルモン検査 8,000円 副腎の機能を調べます
*猫エイズ、白血病検査 4,000円 猫エイズウイルス、白血病ウイルスを調べます
*内視鏡検査 10,000円~ 上部消化管を最新のデジタル内視鏡で検査します
*レントゲン検査 3,000円~ 胸腹部の骨格、その他の異常を調べます
*腹部超音波検査 3,000円~ 腹部臓器の異常をより詳しく調べます
*胸部超音波検査 4,000円~ 主に心臓の動きを検査します
*総胆汁酸 5,500円 肝機能を調べます
*その他各種  

当院の手術実績一覧

診療案内・各種サービス / service

  • ペット検診
  • 歯科診療
  • ワクチン接種
  • 小型犬・猫の橈尺骨骨折
  • ペットホテル
  • トリミング(grooming garden)
  • 鳥の診療
  • 犬の病気・猫の病気大辞典

コンテンツ / contents

  • スタッフコラム
  • グッズ・商品紹介
  • トリミング掲示板
  • パピー教室
  • T-POINTが貯まります。
  • 求人情報