整形外科Tanuma Animal Hospital

骨折

犬猫の骨折に対しては、さまざまな治療法があります。
ギブスによる固定は動物の動き、性格などの問題からあまり選択されることはあまりなく、通常手術 には内固定法、もしくは外固定法を選択される場合が多くなります。
当院では様々な種類の骨折に対応できるように、数多くの設備を整えています。

骨折

内固定法

内固定にはピン・ワイヤー・スクリュウー・プレートなどを、その状態に合わせて選択し、あるいは組み合わせて行います。
当院では小型犬・猫に発生しやすい橈尺骨骨折に、チタンプレートを使用することで、治癒率と再骨折の可能を減少させています。

外固定法

手術による外固定とは、皮膚を通して外部から骨にピンを挿入し、それを外部でつなぎ固定します。
開放性の複雑骨折や、感染の可能性が高い骨折などに選択される方法です。

手術後のケアについて

手術後の入院期間は状態より変化しますが、早期退院による再骨折を防ぐため、多くは2週間の入院をお勧めしています。
万が一入院期間中に再骨折などの異常が見られた場合、無料にて対応させていただきます。
退院後は1か月ごとのレントゲン撮影が必要となります。

大腿骨骨折

大腿骨骨折はあらゆる年齢、品種、性の犬猫が罹患しますが、
若齢の犬猫が外傷により受けやすい傾向があります。
大腿骨骨折を起こした動物は、その患肢にさまざまな程度の腫脹、 激しい痛み、拳上が見られる事が多いです。

  • レントゲン検査

    確定診断はレントゲン撮影により行いますが、多くの動物は患肢の操作に対し痛みを示すので、鎮静材の使用などが必要になる場合が多くなります。

  • 内科的・保存的治療

    大腿骨折の治療にギプス包帯を用いた治療は、適正な安定化が困難であるため有効ではありません。

  • 外科的治療

    外科的治療には骨プレート、インターロッキングネイル、髄内ピンと創外固定の組み合わせ、創外固定単独などの方法が用いられます。 当院で行われる多くの手法は、骨プレート、髄内ピン、創外固定などを単独、あるいは組み合わせた方法です。

  • 手術

    麻酔の選択は動物の状態により選択されます。事故による外傷性の骨折、また全身性の疾患を持っている動物に対する麻酔は、術前の検査をしっかりした上で、リスクを最小限に抑えた方法を選択します。 手術の難易度は、骨折の場所・損傷の程度に大きく左右されます。また犬猫は術後管理が非常に難しい動物です。 それを想定して、できる限りしっかりとした固定力のある手術を行います。術前術後の疼痛管理、鎮静、術中の吸入麻酔の管理を徹底し、術後のストレスをなるべく軽減させる事を考え、素早く正確な作業を心がけています。

  • 術後管理

    手術後の入院期間は状態より変化しますが、早期退院による再骨折を防ぐため、多くは2週間の入院をお勧めしています。万が一入院期間中に再骨折などの異常が見られた場合、無料にて対応させていただきます。 術後の疼痛、感染予防のため、適切な抗生物質、鎮痛剤などを選択し使用します。 血液の供給が妨げられることにより骨の癒合が遅れる事から、当院では大きな外傷・固定力の不足などがない限り、骨折手術後にギブス・包帯などは装着しません。 約1週間を目安に、受傷以前の機能をできる限り取り戻せるよう、マッサージや歩行などのリハビリを開始します。

骨折の治癒・合併症

骨折治療の目標は、①癒合の促進 ②機能の回復 ③美容的に満足のできる外観です。
その目標の達成を目指し、最適な方法を選択していきます。骨折の治癒には、その位置・まわりの軟部組織を含む損傷の程度・血液の供給・骨折部分の安定がポイントとなります。
そのいずれかが欠けることで、癒合不全・癒合遅延・変形治癒・感染などを引き起こします。

脛骨骨折

犬猫の脛骨骨折は、交通事故や他の動物との喧嘩、落下などの外傷に起因する事が多いです。
脛骨の周りには軟部組織が少ない事は、開放性の骨折となる可能性が高い原因になっています。

  • 内科的・保存的治療

    脛骨の骨折対する保存的治療は、副子固定・ギブス固定がありますが、これらは骨折が閉鎖的で、ずれが無く、反対側の肢が負重可能化などによって判断します。

  • 外科的治療

    外科的治療には骨プレート、インターロッキングネイル、髄内ピンと創外固定の組み合わせ、創外固定単独などの方法が用いられます。 当院で行われる多くの手法は、骨プレート、髄内ピン、創外固定などを単独、あるいは組み合わせた方法です。

脛骨骨折の治療には、その他の骨折に比べ創外固定法が多く用いられる事が多いです。
そのメリットとして、脛骨骨折はしばしば開放性であるため、骨折部位を金属製のインプラントで 侵襲しなくてすむこと、また創外固定器の抜去が容易であることが上げられます。
創外固定器は骨癒合の進み具合に合わせて、順を追って固定力を減弱していきます。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は小型犬を中心として発生する代表的な膝関節疾患です。
日常の診療の中で膝蓋骨脱臼を起こした小型犬に遭遇する可能性は極めて高いと思われます。
 
膝蓋骨脱臼の分類として大きく分けると、先天性脱臼と後天性脱臼、また内方脱臼と外方脱臼に分けられます。
臨床的には先天性脱臼の頻度が極めて高く、チワワ・ヨークシャテリア・トイプードル・ ポメラニアン・マルチーズ・柴犬などで好発します。また内方脱臼と外方脱臼の発生頻度としては、 全体の90%以上が内方脱臼となっており、両側の膝関節に発生する傾向が強いです。
 
膝蓋骨脱臼を起こす病態には様々ありますが、代表的なものを解りやすく上げると、
①大腿骨の変形
②大腿筋群の発育障害
③浅い大腿骨滑車
などが上げられます。
 
この様な病態が単発、あるいは混合で起こることにより、
さまざまなレベルの膝蓋骨脱臼が発生します。

膝蓋骨脱臼のグレード分け

  • グレード1膝蓋骨は手で押すと脱臼するが、手を離せば正常位に戻る
  • グレード2膝蓋骨は膝を屈曲するか手で押せば脱臼し、膝を伸展するか手で押せば整復する
  • グレード3膝蓋骨は常時脱臼したまで、手で押せば整復するが、離せば再脱臼する
  • グレード4膝蓋骨は常時脱臼し、手で押しても整復されない

膝蓋骨脱臼の治療

膝蓋骨脱臼グレードⅠの症例については、通常歩行なども正常で、骨格・軟部組織などにも大きな問題がないので、何もせず経過観察となります。
 
膝蓋骨脱臼グレードⅡの症例については、自発的な脱臼頻繁に起こり、足を上げる時間が長くなります。 放置により関節炎・変性性関節症が進行することになりますので、症状が持続している症例については早い時期での外科手術を行い、元の機能に近い状態へと戻す事を目的とします。
 
膝蓋骨脱臼グレードⅢ~Ⅳの症例については、さまざまな異常が先天的に混在しており、ほぼ膝関節を曲げたまま足を着くことが出来ない状態になります。
骨格の変形や筋肉の委縮なども起こしているため、難易度の高い手術が必要になり、術後の経過としても正常な機能・形を取り戻すことが難しくなります。

滑車形成術

大腿骨滑車は本来成長に合わせて自然に形成されますが、何らかの原因により十分な溝が形成されず、その結果として膝蓋骨がうまく溝に収まらないことで脱臼を引き起こします。 そこで溝を外科的に形成する手術を行うことで、脱臼を防ぐことを目的とします。

脛骨粗面転移術

脛骨粗面転移術は脛骨稜を骨切りし移動させることによって、膝蓋靭帯の位置を移動させ、ラインを大腿骨の正面に調節する事で、膝蓋骨の脱臼を防ぐことを目的とした処置です。 単独で用いることはまれで、多くは他の術式とともに実施されます。

大腿骨及び脛骨の矯正骨切り術

膝蓋骨脱臼の治療において、他の手技では整復をすることが出来ないようなグレードⅢ以上の症例に対して行われる術式です。骨の一部を楔形に切除し捻じれの無いように矯正し、骨プレートを用いて整復します。

当院の手術実績一覧

診療案内・各種サービス / service

  • ペット検診
  • 歯科診療
  • ワクチン接種
  • 小型犬・猫の橈尺骨骨折
  • ペットホテル
  • トリミング(grooming garden)
  • 鳥の診療
  • 犬の病気・猫の病気大辞典

コンテンツ / contents

  • スタッフコラム
  • グッズ・商品紹介
  • トリミング掲示板
  • パピー教室
  • T-POINTが貯まります。
  • 求人情報