その他Tanuma Animal Hospital

会陰ヘルニア


犬の会陰ヘルニアは、中~高年齢で未去勢の小型犬または中型犬に多発する、外科的整復が必要とされる疾患です。
コーギー、ミニチュアダックスフンド、マルチーズ、トイプードル、などが主な好発犬種ですが、その他の犬種にも発生が見られることもあります。
 

会陰ヘルニアとは精巣ホルモンの影響により、骨盤腔を構成している筋肉が菲薄化・委縮することで発生します。
初期に便が出にくい、血が混じるなどの症状が見られますが、進行すると会陰部が便塊の貯留した直腸により腫脹し、重篤な排便障害を起こします。
さらに最悪の場合、膀胱・前立腺・小腸などが会陰部に脱出して、致命的な状態に陥ることもあります。
 

会陰ヘルニアの手術の目的は、菲薄化・委縮した筋肉修復し、ヘルニア孔を塞ぐことで、蛇行した直腸を正常の位置へ戻す事です。


当院ではポリプロピレンメッシュを用いた整復方法を用いています。
メッシュを菲薄化した筋肉の代用になるように縫い合わせ固定していきます。
また膀胱・前立腺・小腸などの会陰部への逸脱が見られる症例に対しては、必ず開腹をして正常な位置に臓器を戻し、再脱出しないように腹壁に固定する必要があります。
 

術後管理としては、感染予防のため抗生物質の投与、腫脹が見られた場合には短期間の副腎皮質ステロイド剤の投与を行います。
会陰ヘルニアの整復術には様々な方法がありますが、ポリプロピレンメッシュを用いた整復術は他の方法に比べ、明らかに再発率を抑えた方法の一つと思われます。
発生の予防・再発には去勢手術が一つの有効な手段と考えられています。

臍ヘルニア


臍ヘルニアは犬猫でよくみられる奇形です。お臍の部分の腹筋が閉じておらず、穴が開いた状態となっています。そこから腹腔内の脂肪や内臓が脱出してきて皮下が膨らみます。押し込むと腹腔内に戻りますが、また出てきます。通常は痛みなどはありません。

手術を急ぐべきかどうかの判断は穴の大きさによって変わってきます。穴が小さければ脂肪だけが出てきますが、そのような場合は無治療で経過を見ていっても問題はありません。ただ、将来的に穴が大きくなったり炎症を起こしたりといったことも起こり得ますので、避妊や去勢などの際に同時に手術しておいたほうが安心であると言えます。
 

穴が大きくて腸が出てくるような状態であれば、早めの手術が勧められます。腸が穴にはさまって戻らなくなった場合などは命に関わり、緊急手術が必要となります。
 

膨らんでいる部分がいつもは柔らかいのに硬くなっていたり、押しても腹腔内に戻らなくなっていたり、痛みがあったりする場合は緊急性が高いと考えられますので、早急に動物病院を受診してください。それ以外の場合については折を見ての手術ということになります。

 

原因

先天性がほとんどで、親犬が臍ヘルニアである場合にかなりの確率で子犬が発症します。通常、腹腔から臍へと繋がる穴が子犬の成長と共に塞がるものですが、臍ヘルニアの場合、これが塞がらずに脂肪や大網、腸管が飛び出してしまいます。
 

予防法

臍ヘルニアの予防法は残念ながらありません。しかし、早期発見・早期治療で腸閉塞の危険を回避できます。やはり普段から、犬の観察やおなか周りなどに触ることを習慣づけることで早期発見に繋がります。
 

治療

ヘルニア内容が腸など腹腔内の臓器であれば緊急に手術を実施いたします。ヘルニア内容が脂肪など影響の少ない組織で嵌頓(腸管などの内臓器官が、腹壁の間隙(かんげき)から脱出し、もとに戻らなくなった状態)による痛みだけの場合や嵌頓せずにお腹とヘルニア内の出入りが容易な臓器であれば早めに外科的整復をいたします。症状のないものであれば手術せずに経過を観察することも多く、不妊去勢手術など、何らかの手術に付随して整復することがしばしばです。
手術はヘルニアの周りの組織を剥離(はくり)して、ヘルニア嚢(のう、ヘルニア内容を入れている袋状の膜)を切開してヘルニア内容を切除するかお腹の中に戻した後、腹膜を縫合してヘルニア輪で囲まれた穴をふさぎます。
 

術後

エリザベスカラーをしっかりしていただき、1週間後に抜糸が必要です。
 

 

当院の手術実績一覧

診療案内・各種サービス / service

  • 診療カレンダー
  • ペット検診
  • 歯科診療
  • ワクチン接種
  • 小型犬・猫の橈尺骨骨折
  • ペットホテル
  • トリミング(grooming garden)
  • 犬の病気・猫の病気大辞典

コンテンツ / contents

  • スタッフコラム
  • グッズ・商品紹介
  • トリミング掲示板
  • パピー教室
  • 輸血犬募集
  • 求人情報
  • T-POINTが貯まります。